八千代市 村上 勝見産婦人科 産科 婦人科 更年期障害 ホルモン補充療法

勝見産婦人科

更年期障害

更年期障害とは

更年期障害とは

女性は30代後半から女性ホルモン(エストロゲン)の量が次第に減少してきます。そして大体50歳前後(日本人女性の平均は50.5歳)で閉経を迎えますが、閉経を挟んだ45~55歳頃までの約10年間を一般に更年期と呼んでいます。
更年期には、女性ホルモンの分泌量が急激に減少してくるため、体がその変化に対応し切れずに、様々な不調を招きがちです。
この不調には個人差が大きく、その程度が非常に強い方から全く感じないほど弱い方までいろいろですが、日常生活に差し支えるような場合を一般に更年期障害と言います。

更年期障害の症状

更年期障害では、よく月経異常やほてり、発汗、のぼせ、手足の冷え、イライラ、うつ、だるさ、不安、不眠など、心身にわたる多様な症状が引き起こされます。また、肌や髪のつやが無くなったり、性器の萎縮が起こってきたりもします。分泌液も少なくなり、性交痛を覚える方もおられます。そのためパートナーとの性交渉がうまくいかなくなるケースもよく見受けられます。うつなどの精神症状を訴える方も、少なくありません。また、この更年期うつに隠れて、あるいはそれが呼び水となって、本格的なうつ病が発症することもあります。
一方、更年期には多種多様な不調が現れるため、別の病気が隠れていても、更年期のせいに違いないと思い込み、本当の疾患を見逃してしまうこともあります。糖尿病、高血圧、心疾患、貧血、甲状腺疾患、悪性腫瘍、うつ病などが潜んでいる可能性もありますので、とにかく早めに専門医にご相談なさるよう、お勧めいたします。

更年期障害の検査・治療

現れている諸症状、および血中の女性ホルモン量を調べる検査で診断を行います。
また、更年期障害の治療では卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を投与するホルモン補充療法(HRT)が一般的な治療法ですが、これ以外にも、うつや不安などの精神症状が強い方には、抗うつ薬や抗不安薬を処方したりもします。

更年期障害の漢方治療

更年期障害の漢方治療

ホルモンバランスをとる作用のある漢方薬の当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)(以上は“三大婦人役”と呼ばれます)などが主に処方されます。
当帰芍薬散は、冷えや貧血症状の強い方に、加味逍遙散はイライラや不眠などの精神症状が強い方に処方されます。また、のぼせ症状が強いようなら桂枝茯苓丸が効果的です。
うつ気分、神経過敏、めまいなどの精神症状にはホルモン補充療法よりも、むしろ漢方薬が有効なことがあります。
また、ホルモン補充療法が使えなかったり(卵巣機能が働いている「プレ更年期*」世代の場合など)、多様な症状を併せもっていたりする場合に、漢方を処方するケースもあります。

*プレ更年期

更年期の少し前(30代後半~40代半ば)の時期に、更年期と同様の症状が起こるケースです。卵巣機能の低下よりも、むしろストレスなどによる自律神経バランスの乱れが大きく関与していると考えられています。