八千代市 村上 勝見産婦人科 産科 婦人科 生理の悩み おりもの

勝見産婦人科

婦人科

婦人科とは

婦人科とは

女性の体はとても複雑かつ繊細微妙でデリケートです。体内では常にホルモンバランスの変化が起こっており、それが心身の状態に大きな影響を及ぼしています。
特に、月経、妊娠、更年期(年齢)などによって、いろいろな変化が生じてきます。
その変化の過程で起こってくる症状や病気などを主に診療するのが婦人科です。
当院は、地域に密着した婦人科「かかりつけ医」として、患者様とのコミュニケーションを大切にしながら、親身な医療をご提供いたします。

女性に特有の症状を診療

婦人科では、月経不順、不正出血、下腹部痛、おりものの異常など、女性に特有の症状を診療します。肩こりや貧血なども、女性ホルモンのバランスの崩れによって起こるケースがありますから、まずは婦人科にてご相談ください。
診察の結果、高度医療や入院加療、手術などが必要と判断された場合には、連携している高度医療機関へのご紹介をいたしますので、ご安心ください。

トータルな女性医療の場

婦人科は、女性の病気の交通整理役も果たしており、言わば「女性総合診療科」とも称すべき、トータルな女性医療の窓口となっています。
婦人科について「ちょっと受診しにくい」と思われる方も少なくないようですが、気になる症状がございましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

基礎体温表をつけましょう

基礎体温表をつけましょう

婦人科を受診する際には、“基礎体温表”のご持参をお勧めします。専門医が基礎体温の変化を見れば、どの時期にどのホルモンが不足しているのかを、ある程度推測することができ、参考になるからです。
日頃、基礎体温を測っていると、排卵の有無や排卵日、月経予定日、月経不順、妊娠など、自身の体内で起こっている変化やトラブルなどが読み取れるので、体調の把握にとても役立ちます。健康管理のためにも、基礎体温をつけることを習慣にしましょう。

こんな症状はご相談ください

月経異常
  • 周期や期間、出血量が通常と大きく異なる。
  • イライラや不安、むくみ、乳房痛、頭痛、ひどい月経痛などの症状が見られる。
  • 思春期になっても初経が来ない。それまで定期的にあった月経が突然無くなった。
不正出血
  • 周期的な月経以外に、不規則な出血がある。
おりものの異常
  • 色や臭いが通常と異なる(正常なら無色透明ないしはクリーム色で、ほぼ無臭)。
腟・外陰部の異常
  • かゆい、赤く腫れる、ただれる、痛む。
  • しこりがある。
  • 性交痛がある。
おなかの異常
  • 腹痛がする。
  • 排便痛がある。
  • 下腹部の痛みや違和感がある。

※女性の場合、子宮や卵管、卵巣の病気によって腹痛が起こる場合があります。

排尿の異常
  • 尿が漏れる
  • 尿が出にくい
  • 尿の回数が多い
  • 排尿時に痛みが走る

婦人科で診療する代表的な疾患・症状

月経痛(月経困難症)

月経痛(月経困難症)

月経痛が強く、日常生活に支障を来たすケースを「月経困難症」と言います。腹痛、腰痛、悪心(気持ちが悪くなる)、嘔吐、ふらつき、頭痛、頭重、食欲不振などの症状がよく見られます。
なお、思春期頃の女性の子宮は未熟なので、子宮の出口が狭いために月経血が排出されにくく、そのせいで月経痛を招きがちです。症状の種類や程度は人それぞれに異なりますが、こうした月経痛の多くは、市販の鎮痛剤を服用する程度で落ち着くものです。しかし、学校や仕事に行くのもつらい、起きていられずに寝込んでしまうなど、日常生活に支障が出るようなケースは、治療の対象になります。

月経困難症の種類

月経困難症には、下記のように2種類があります。月経痛がどちらによるものなのかは、容易に診断することができます。

病気ではなく、誰にも起こり得る月経困難症
毎月の排卵周期のなかで、2種類の女性ホルモン、すなわち卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されますが、特に黄体ホルモンは子宮内膜に作用してプロスタグランジンという痛み物質を増加させます。このプロスタグランジンが子宮を収縮させたり、腹痛や腰痛、悪心を起こしたりします。これを「機能性月経困難症」と言います。
子宮内膜症などの病気による月経困難症
子宮内膜症は年々増加傾向にあり、20代前半からよく見られます。こうした病気は、月経困難症の原因となります。これを「器質性月経困難症」と言います。
月経困難症の治療

月経痛を治療するには、まず月経痛が機能性月経困難症なのか、それとも子宮内膜症など、子宮や卵巣における器質性の異常によるものなのかを判断します。そのうえで機能性月経困難症と診断されたら、下記のような治療法がとられます。器質性月経困難症の場合は、その原因となっている疾患の治療を行います。

生活上の工夫
骨盤の血流を改善するために適度な運動が効果的です。軽いジョギング、ウォーキング、全身の屈伸運動などがお勧めです。
痛み止め(鎮痛剤)の服用
我慢できないほどの痛みが生じてから服用するより、早めに、あるいは痛みが始まる前に服用して、上手に月経痛を回避してください。
ピルの服用
ピルの服用により、今まで鎮痛剤を服用しなければ過ごせなかったような人も、そのほとんどが鎮痛剤を必要としなくなります。

おりものの異常

おりものとは、「女性生殖器から体外へ排出された分泌物」のことです。おりものは生理現象の一つであり、女性ホルモンが正常に働いている証拠です。
おりもののほとんどは生理的なもので、量や色、においに神経質になる必要はありません。とは言え、まったく気にしないのも、異常サインを見逃すことになります。
正常なおりものは、無臭で透明に近い乳白色です(下着に付くと、薄い黄褐色に変化することもあります)。量は排卵期に増え、月経前までに次第に減少します。性的興奮でも、腟内の自浄作用が一時的に高まるため、増加します。
おりものに異常があると、量や色、におい、性状などに変化が起こります。通常とは違ったおりものが見られたら、早めにご相談ください。

こんなおりものはご相談ください
  • 量の多いおりものが続く
  • 膿のようだったりして、おりものの状態(におい、色など)が異常である
  • おりものに、月経時のような血が混じっている
  • 外陰部に痒みや熱感、ただれ、痛み、悪臭がある

尿トラブル

尿トラブルの代表は尿漏れであり、女性の尿漏れには主に「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」の2つのタイプがあります。

腹圧性尿失禁

女性の正常な体では、おなかに強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤底筋」という筋肉が膀胱と尿道を支えることで尿道が締まり、尿が漏れるのを防いでいます。腹圧性尿失禁は、この骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることによって、尿道をうまく締められなくなり、尿漏れを起こす疾患です。
せきをする、くしゃみをする、笑う、走る、テニスやゴルフなどのスポーツをする、重い物を持ち上げる、坂道や階段を昇り降りする――このような強い腹圧がかかるような動作をした時、尿が漏れてしまいます。

腹圧性尿失禁の検査

問診や検査によって診断し、検査では検尿やパッドテスト(尿がどのくらい漏れるかについて時間を決めて正確に測定する検査)、ストレステスト(咳や息みで尿が漏れるかどうかをみる検査)などを行います。

腹圧性尿失禁の治療

腹圧性尿失禁の治療の中心は、「骨盤底筋体操」です。緩んでしまった骨盤底筋を鍛えて、臓器が下がるのを防ぎ、尿道や肛門を締める力やコントロールする力をつけることで、尿漏れを解消する方法です。
薬による治療では、尿道を引き締める働きがある薬(β受容体刺激薬)などを用います。薬物療法以外の保存的治療には、電気刺激療法(干渉低周波療法)や磁気刺激療法があります。
こうした保存的治療にうまく反応しない場合には、手術療法を検討します。

切迫性尿失禁

「トイレに行きたい」と思っても、間に合わずに漏らしてしまうタイプを切迫性尿失禁と言います。トイレのドアノブに手をかけた途端、またトイレで下着をおろしている時などに漏れてしまいます。

切迫性尿失禁の原因は過活動膀胱

過活動膀胱といって、膀胱が過敏になっている状態が切迫性尿失禁の原因です。
過活動膀胱は、「トイレが近い」「時に我慢できないような尿意が起こる」「急にトイレに行きたくなり、我慢できずに尿が漏れてしまう」などの症状を呈する疾患です。

過活動膀胱の検査

医療機関を受診して、一般に初診の際に行われるのは問診です。
検査としては主に、腹部エコー検査(残尿量の測定)、血液検査、尿検査などが行われます。ほかには尿流測定、パッドテスト、ストレステストなどもあります。

過活動膀胱の治療

膀胱の収縮を抑える働きのある薬や膀胱に尿を貯める容積を増やす薬による治療、および薬を使わない治療――膀胱訓練(トイレに行く間隔を延ばして、膀胱の容量を増やす訓練)や骨盤底筋体操(尿道を締める骨盤底筋の収縮力を高める訓練)などがあります。

子宮筋腫

子宮の筋肉にできる良性の腫瘍(こぶ)のことを子宮筋腫と言います。
子宮筋腫は良性ですから、それ自体が生命を脅かすようなものではありません。
こぶの大きさは、小指の先ほどの小さなものから、赤ちゃんの頭ほどもある巨大なものまで、千差万別です。いくつもが生じることも、少なくありません。

子宮筋腫の症状と治療

代表的な症状は月経困難症と月経痛、過多月経で、出血量が多いために貧血になる場合もありますが、場所によっては、まったく無症状なケースもあります。
子宮の外側にできる「漿膜下筋腫」 (しょうまくかきんしゅ) は無症状の場合が多く、子宮の内側にできる「粘膜下筋腫」は小さいものでも過多月経になりやすい傾向があります。子宮の筋肉の中にできる「筋層内筋腫」も、過多月経や月経痛の原因になることがあります。
治療法には手術療法と薬物療法がありますが、発生した場所や症状によって、治療法はそれぞれ異なってきます。

子宮内膜症

本来、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が、何らかの原因で、子宮内膜以外の場所(卵巣、卵管、子宮周囲の腹膜、時には子宮から遠く離れた肺など)で増殖し、月経のたびに出血を繰り返す疾患です。血液が卵巣に溜まった疾患を「卵巣チョコレート嚢腫」、子宮筋層内にできて子宮全体が腫れる疾患を「子宮腺筋症」と言います。
原因は不明ですが、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が、卵管を逆走して卵巣や腹部臓器に到達して増殖するという説が有力視されています。子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮腺筋腫などは、鑑別を必要とする疾患の代表です。月経異常などが見られた際は、きちんと原因を特定してもらうことが大切です。

子宮内膜症の症状と治療

代表的な症状は、ひどい月経痛で、年齢とともに強くなっていくのが特徴です。一方、自覚症状が無く、内膜症と気づかない人もいます。
子宮内膜症の治療法には、手術療法と薬物療法があります。
どんな治療をするかは、妊娠の希望の有無など、本人がどのようなライフスタイルを選択するかによって異なってきますので、医師とよく相談して決めていきます。